トップページ

お寺ガイド

アルバム

法話

作法と行事

おすすめ

お問い合わせ





















 大内義隆の家臣に原田右衛門之尉道信が大永三(一五二三)年仲秋京に上り本願寺九代實如上人に竭し剃髪して法名釋道信を賜り、實如上真筆六字の尊号を頂き、この蒲生野の地に一字を創草する。
道信天分十二年十月九日八十三歳にて往生。

 当時の開基とされている道信は原田家系図にもその名を見るから実在したものだろうが、信仰集団のリーダーであって、本当の意味での妙蓮寺(真宗としての)出発は五代目浄誓の代・寛永年間である。隆盛であったのは八代目祖嶺の時代・後妻に萩本藩々主の側室(毛利伊賀守の生母)貰い、そのため引幕は一に三つの星の紋を用いることを許されている。

 寺号免許となったのは寛永十五(一六三八)年。
 十四代薩雲は寺社奉行直触を勤め幕末僧侶隊などの記録を含む「薩雲一代見聞記」を残している。

 十六代知象は明治三十一年ハワイ開教使を命ぜられハワイ開教最初の派遣としてハワイ全島を巡回しホノルル、ババルニア説教場を新築する。明治三十六年七月北米サクラメント駐在申付けられ布教の傍ら日本移民保護日本児童教育に貢献しサクラメント日本人小学校を創立する。
帰国後、明治四十二年鹿児島別院輪番。大正元年仙台別院輪番。
大正十一年四月十七日、日曜学校を創立する。

 十七代能諭は学校法人まこと学園安岡幼稚園を創設し、まことの保育に尽力する。平成十三年四月勲五等双光旭日章受賞。

 十八代得一は昭和四十六年佐賀・神崎千代田町の妙専寺より入寺し「開かれたお寺づくり」をめざして今日の妙蓮寺の興隆に尽力し住職一代の中、本堂屋根の改修、庫裏の改築、境内の石碑等の整備等を果たす。







Googleマップで確認

自動車をご利用の場合
 下関インターを降りて川棚方面に向かい、
 済生会下関総合病院を背にしたお寺です。
 インター降りて所要時間約20分。
 
バスをご利用の場合
 済生会経由のサンデンバスに乗っていただき、
 病院一つ前のバス停妙蓮寺前で降りて
 いただき徒歩1分。バス停目の前です。
 
電車をご利用の場合
 JR新下関より車で約15分。 山陰本線JR安岡駅より車で10分。


浄土真宗本願寺派 妙蓮寺
〒759-6602 山口県下関市蒲生野415番地 TEL 083-258-0656

 
 
Copyright(C) 2010 Myourenji All rights reserced  このホームページ内容の無断転記を禁じます